カートをみる 会員登録・更新 ご利用案内 お問い合せフォーム お客様の声 サイトマップ

【サンドブラスト彫刻の種類】 ガラスアート工房 伊都の匠

◆【サンドブラストによるエッチング】

1.<サンドブラストによるエッチングについて>

   サンドブラストエッチングとは、高圧エアで堅くて細かい砂を吹き付けてガラス面を加工する手法です。
   彫刻面の深さを微妙に変化させることや彫刻方法により立体感を持たせることが出来、変化に富んだ
  加工ができるという特長があります。


2.<一般的な製作手順>

  …刻したいデザインを写し取り、加工部分を切り抜いたマスク(軟質系樹脂やゴムシート)を作成します。
  ▲▲襯魁璽襪撚湛するガラス素材の汚れや油分をきれいに拭き取ります。
  マスクをガラス素材に貼り付けます。マスク面以外の面(彫刻しない面)は保護用テープなどで養生
   (マスキング)します。
  ぅ汽鵐疋屮薀好拭宍,埜λ畉爐鬟泪好の彫刻したい部分に吹き付けて彫刻をします。
  ゲ湛が終了したら、マスクや養生をはがし、のりや付着した研磨材を洗い流せば完成です。


◆【代表的な彫刻の種類】

1.【平彫り】

   加工部の彫り込み深さを均一にした彫刻技法で最も基本的な彫り方です。この方法で浅く彫り込んだ加工を
  一般的にスリ加工と呼ばれています。


2.【二段彫り】

   デザインはやや太い線書きのものを使用します。平彫りで輪郭を深く彫り込んだ後に輪郭に囲まれた部分の
  マスクをはがして浅く彫りこむ手法です。
   この技法を使うことによって、ある程度の立体感を持たせる事が出来ます。
   平彫りよりやや手間が掛かります。


3.【段彫り】

   デザインは細線書きのものを使用します。通常はデザインを貼付けたマスク(カッティングシート)を
  ガラス素材に貼付けた後からアートカッターナイフで線上を切り込みます。
   彫刻は立体感が出る加工順序を考慮しながらマスクを一面一面剥がしながら作業していきます。
   他の彫刻技法と比較にならないほど手間が掛かりますが、完成した製品は立体感があり美しさも格段違います。


画像

トップへ戻る