カートをみる 会員登録・更新 ご利用案内 お問い合せフォーム お客様の声 サイトマップ

サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)のご案内

【サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)】

 サンドブラストガラスエッチングで世界でたった一つの
 ガラスインテリアをご自身の手で製作してみませんか!!


1.はじめに
  サンドブラストガラスエッチングとは、サンドブラストで砂をガラスに吹き付け、表面を削り文字
  や模様を彫刻する技法です。
  本教室では実際に平らなガラスやグラス・ボトル等に彫刻を行い、マスキングやカットの技術、
  サンドブラスト機を使った彫刻技術などエッチング技法の基礎をマスターして頂きサンドブラスト
  エンチングの面白さを体験して頂くものです。
  ここで体験・修得した製作技術を活かし、立体彫刻や花器などにチャレンジしていくことが出来る
  ようになります。

      【こんなものがサンドブラストガラスエッチングで製作できます】
   教室紹介写真1p
    .錺ぅ鵐哀薀后´▲錺ぅ鵐椒肇襦´フォトフレーム ぅ蹈奪グラス
    ト錣札ラスによる各種製品(グラス、花器、ランプ、etc)  Ε泪哀ップ

    <素材や彫刻方法・彩色等により多種多様なオリジナルグッズが生まれます!>

2.基礎コース内容
  基礎コースには下記4種類の単元を用意しており、それぞれの単元で習う技術で製作体験ができます
  ので、どの単元から受講されても心配ありません。
  また、各単元毎に自分で製作した素敵なオリジナルエッチングガラス製品がお持ち帰りできます。

  (1).受講時間:1単元2時間

  (2).各単元料金:2,000円 受講料には資料代および設備利用料を含む(全て税込み)
            素材費は別途必要(各単元の素材費を参照)

  (3).受講受入数:1〜4名以内/1単元
            1名様から受講受付いたします。
            グループ単位で申し込み頂ければ同一グループに調整可能です。

  (4).教室場所:ガラスアート工房 伊都の匠(2F)

  (5).基礎コースの単元(4単元)
     1単元:レリーフグラスの作成:素材費(グラス、300円)
          平彫り基礎:レリーフ図案をグラスに彫刻

     2単元:板ガラスインテリアの作成:素材費(板ガラス色紙サイズ5mm、1000円)
          2段彫り基礎:透明板ガラスへの2段彫りによるインテリア作成

     3単元:被せガラス浮かし彫り:素材費(被せグラス、1000円)
          被せガラスの彫刻基礎:レリーフ図案を選択いただきその図案を被せガラス(グラス)
          に浮かし彫刻を行います。

     4単元:ボトルへの彫刻とスプレーによる彩色:素材費( 無料 )持参
          尚、空きワインボトルを各自お好きなものを持参していただきます。

      【体験教室で製作するもの】
     教室紹介写真2p
    1単元目             2単元目            3単元目           4単元目
          (図柄は他にもご用意しています。もちろんオリジナル図柄もOKです。)

3.サンドブラストガラスエッチング教室の日程
   毎週火曜日:13:00〜15:00 1単元:レリーフグラスの作成
   毎週木曜日:13:00〜15:00 2単元:板ガラスインテリアの作成
   毎週土曜日:10:00〜12:00 3単元:被せガラス浮かし彫り
   毎週土曜日:13:00〜15:00 4単元:ボトルへの彫刻と彩色

     尚、祭日の場合は休校となります。
     その他の時間帯でも対応できる場合がありますので気軽にお問い合わせ下さい。

4.フリーコースのお知らせ
   基礎コース受講後の他素材・図柄での技術修得については個別に対応いたします。
   また、実際に製作したい目的の商品(当店の商品より選択、または独自の素材・図柄で製作)を
   あらかじめ決めておき、その商品をご自分の手で製作していただくフリーコースもあります。

5.申し込み先
   必ず1週間前に以下の申し込み先で申し込み願います。

   ガラスアート工房 伊都の匠  代表 平尾斗喜男
   819-1102 福岡県糸島市高田5−16−34
   電話 092−330−6200
   FAX 092−330−6201
   E-mail info@itonoshou.jp
   URL http://itonoshou.jp/ ホームページのお問い合わせより

6.工房の場所
   周船寺駅より徒歩15分
   駐車場 3台駐車可能
   店地図

サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)1単元

【サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)1単元】

       レリーフグラスの製作工程

1.デザインの選択
  自分のお好きなデザインをお選び下さい。もちろん自分のオリジナル図柄でも結構です。
  その図柄をカッティングシートに写します。

   レリーフグラスデザイン
  <写し方>
   ・コピー機でカッティングシートに写す。
   ・カーボン紙を使い図柄をなぞってカッティングシートに写す。
   ・カッティングシートと図柄のシートを幅広の両面テープで貼付ける。
   ・カッティングシートにそのまま手書きしても良いです。

2.カッティングシートを素材に貼る    レリーフグラス写真1
図柄が写し終わったカッティングシートをグラスに貼り付けます。(カッティングシートの裏面はシールになっています)
貼り付ける位置は全体のバランスを取って、ゆっくりと正確に貼り付けてください。
また、しわが入ったり、素材とカッティングシートの間に空気が入らないよう慎重に貼り付けてください。
尚、ワイングラスなどの曲面素材の場合はカッティングシートを貼付け易いように、図柄の周辺をハサミでカットしておきます。

3.デザインをカット    レリーフグラス写真2
カッティングシートに写した図柄(彫刻する部分)を細かな作業が出来るアートカッターで切り抜きます。
仕上がりの良し悪しはこのカット作業に左右されますので、慎重かつ丁寧に行ってください。




4.マスキングをし、サンドブラストで彫刻する     レリーフグラス写真3
カット作業が終わったら、彫刻しない部分にスリ(傷)が入らないようにマスキング用テープなどでマスキングします。
マスキングが悪いと高圧で噴射する砂が隙間から入り素材にスリが入るので丁寧にマスキングを行ってください。
サンドブラストはノズルを10cmほど離して、砂が素材に垂直に当たるようにして作業してください。
圧力は0.15MPaでゆっくりと均等にブラスト作業を行ってください。

5.仕上げを行い完成    レリーフグラス写真4
ブラストが終わったら彫刻部分にグラスコート(仕上げ剤)を綿棒で塗ってドライヤーで乾燥させます。
その後、カッティングシートとマスキング用テープを剥がし、研磨剤(砂)や他の汚れを良く拭き取って完成です。






ページトップへ