カートをみる 会員登録・更新 ご利用案内 お問い合せフォーム お客様の声 サイトマップ

サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)1単元

【サンドブラスト ガラスエッチング体験教室(基礎コース)1単元】

       レリーフグラスの製作工程

1.デザインの選択
  自分のお好きなデザインをお選び下さい。もちろん自分のオリジナル図柄でも結構です。
  その図柄をカッティングシートに写します。

   レリーフグラスデザイン
  <写し方>
   ・コピー機でカッティングシートに写す。
   ・カーボン紙を使い図柄をなぞってカッティングシートに写す。
   ・カッティングシートと図柄のシートを幅広の両面テープで貼付ける。
   ・カッティングシートにそのまま手書きしても良いです。

2.カッティングシートを素材に貼る    レリーフグラス写真1
図柄が写し終わったカッティングシートをグラスに貼り付けます。(カッティングシートの裏面はシールになっています)
貼り付ける位置は全体のバランスを取って、ゆっくりと正確に貼り付けてください。
また、しわが入ったり、素材とカッティングシートの間に空気が入らないよう慎重に貼り付けてください。
尚、ワイングラスなどの曲面素材の場合はカッティングシートを貼付け易いように、図柄の周辺をハサミでカットしておきます。

3.デザインをカット    レリーフグラス写真2
カッティングシートに写した図柄(彫刻する部分)を細かな作業が出来るアートカッターで切り抜きます。
仕上がりの良し悪しはこのカット作業に左右されますので、慎重かつ丁寧に行ってください。




4.マスキングをし、サンドブラストで彫刻する     レリーフグラス写真3
カット作業が終わったら、彫刻しない部分にスリ(傷)が入らないようにマスキング用テープなどでマスキングします。
マスキングが悪いと高圧で噴射する砂が隙間から入り素材にスリが入るので丁寧にマスキングを行ってください。
サンドブラストはノズルを10cmほど離して、砂が素材に垂直に当たるようにして作業してください。
圧力は0.15MPaでゆっくりと均等にブラスト作業を行ってください。

5.仕上げを行い完成    レリーフグラス写真4
ブラストが終わったら彫刻部分にグラスコート(仕上げ剤)を綿棒で塗ってドライヤーで乾燥させます。
その後、カッティングシートとマスキング用テープを剥がし、研磨剤(砂)や他の汚れを良く拭き取って完成です。






ページトップへ